Windowsユーザー v.s. Macユーザーの仁義なき戦いの原因の一つに、Macで作成したファイルがWindowsでは開けないことが挙げられる。

もちろん、MacユーザーがWindowsユーザーにファイルを渡す際、Numbers(WindowsのExelに相当するアプリ)などで作成したファイルをPDFファイルやExelでも開ける仕様に変更してから渡せば良いのだが、意識高い系のMacユーザーはそこまで頭が回らないことも多く、Windowsユーザーが迷惑を被る事案が頻発する。

ファイルの作成者であるMacユーザーに対し、ファイル形式を変更してから再度渡してくれるように頼んだり、Macで作成したファイルをWindowsでも簡単に開けるソフトを購入したりしなければならず、実にメンドクサイ。

お金も時間もかかるし、事によっては相手のメンツも潰すことになってしまう。



そういった事態を避けるため、今回、意識が高いだけのMacユーザーからWindowsユーザーに転向した俺が、「Macで作成したファイルを1円も使わずにWinbdowsで開く方法」を特別に教えてやろう。



iCloudを活用するのじゃ

結論を先に書くと、iCloudというAppleが提供している無料のオンラインストレージ(?)を使うことになる。 
EvernoteやDropboxと同じようなもので、インターネットに接続できるパソコンがあればUSBメモリなどを持ち歩かなくても保存しておいたファイルが確認できる無料サービスだ。

iPhoneのようなApple製品を所有しており、既にApple IDを持っている人は読み飛ばしてiCloudにサインインしてくれ!




iCloudを利用するためにはApple IDが必要なため、まずはiTunesをダウンロードすることになる。 
その後、 iTunes Storeに アクセスし、Apple IDを作成



作成したApple IDとパスワードでiCloudにサインインできる。
ぱっと見は英語表記のサイトだが、サインインすれば登録者情報を元にして日本語表記されるようになるので安心してほしい。

iCloud top


icloud erabu



Apple IDの作成には個人情報の入力が必須になっているため毛嫌いする人もいるかもしれないが、こういったことに敏感でない人は積極的にiCloudのような便利なツールを使いこなそう!
なお、月に一回ほど登録したメールアドレス宛にアップル製品の広告メールが届くが、便利さと引き換えに目をつぶってほしい。


サインイン後、Macで作成された空気の読めないファイルをiCloud上にアップロードすることで、ファイルの閲覧・編集が可能になる。

com 編集



開いたファイルは画面上のスパナマークからダウンロードして保存することで、Mac形式、Windows形式、PDFファイル形式などで保存することもできる。


icloud copy

icloud hozon


この方法は iPhoneユーザーにとっては常識なのかもしれないが、MacからWindowsに乗り換えたばかりの俺にとっては大発見だった。

ネットで小1時間ほど検索して不要なフリーソフトをダウンロードしまくったが、なにもインストールせずにMacのファイルが見られるなら、それに越したことはない。 


俺のようにMacからWindowsに乗り換える時に「Mac形式のままバックアップをとってしまい、Windowsインストール後に途方に暮れてしまった人」でも大丈夫だね(^^)/

追い詰められた人間は強い!(確信)



これから先も、このような便利なサービスがどんどん利用可能になっていくだろうが、それらのサービスを最大限に使いこなせるように、日々、頭を使っていきたいと思う。