先日、北朝鮮が「秘密資料を収集した容疑により、韓国人2名を無期労働強化刑」にする判決を出した」というニュースが流れた。

省略していうと、北朝鮮国内にいた韓国人2名をスパイ容疑で無期懲役刑に処したということだ。

日本の無期懲役刑は「満期のない労働刑」で仮釈放もあり得るのだが(参考:
無期懲役刑仮釈放者の平均在所年数北朝鮮はどうなのだろう?

ネットで調べる限りでは、北朝鮮の無期労働刑は重大犯罪者や政治犯とかに多く適用されるらしく、強制収容所で働き続け、死ぬまでシャバに出られないというウワサだ。

死刑よりも非道で恐ろしい刑のようだが、日本語訳のネーミングセンスはどうなんだろ?(笑)

俺は「教化」という言葉の意味をいわゆる「洗脳すること」と捉えていたのだが、調べてみると元々は仏教用語だったようで、

人々に仏教を説いて信仰に向かわせること。
人を教え導き、また、道徳的、思想的な影響を与えて望ましい方向に進ませること。 
という意味合いらしい。 

ただ、ネットの語彙辞典で調べてみると、
自分の至らなさを気づかせ化する。 
自らの姿を以て相手を教え導くのであって、多少は作為的な部分はあっても強制することはない。 
似た言葉に感化、更に一段進めば道化となる。
とあった。
強制
収容所で教化するという、矛盾したことをやり遂げようとする金先輩さすがっす!


過去には有期で労働教化刑に処せられた外国人もいるみたいだが、 なるべくあの国には関わりたくないと思ってしまった。
翻訳の都合で仕方がないことなのだが、なんだか気になったので記事にしてみた。