ブログネタ
「お盆」どんなふうに過ごしましたか? に参加中!
クソ暑い夏休みがもうすぐ終わってしまうが、このタイミングで坊主頭にしたので実況したい。
初めに断っておくが、俺は僧侶ではない。ニートだ。


俺は今までにも何回か坊主頭にしたことがあり、今回も愛用のバリカンを使って丸刈りにした。

ちなみに使っているのは、おそらく20年位前に購入したと思われるバリカンで、前回使用した際バッテリーの持続時間があまりにも短かったために楽天で新型機の購入を検討していた。
しかし、バリカンのページを見ていて気付いたのだが、どの商品も8時間とか12時間などの長時間充電を必要としていた。

俺は前回1時間程度しか充電していなかったので試しに12時間以上充電してみたところ、満足な稼働時間が確保できそうだったので新型機の購入は見送り、愛用機を使って丸刈りにした。

 
愛用機はナショナルのER523DP「らくらくスキカル」。
3、6、9、12mmのアタッチメントが付属しており、スキ刈もできてしまう優れものだ。

er523dp パッケージ

IMG01554

IMG01555

 

使う前から細かい毛が付いているが、気にしない。


メーカは違うが最新式のバリカンだと充電時間が短縮され、長さ調節が細かく設定できたり水洗いできたりする。
技術の進歩に感心するばかりだ。



丸刈りの正しい作法

ところで、丸刈りにする時の正しい作法を知っているだろうか? 
良い機会なので、丸刈り経験者(マルガリスト)だけが知っている丸刈りの作法を教えてしんぜよう。 

ステップ1 全裸になる

丸刈りにすると細かい髪の毛が衣服に付着し、洗濯しても綺麗に取れないことがある。
そのため、経験豊富なマルガリストは散髪前に服を脱ぐのだ。

ステップ2 風呂場に行く

バリカンと切った髪の毛を入れるためのビニール袋を用意し、風呂場に行く。
そう、神聖なる丸刈りの儀式は風呂場で行うのだ。
風呂場であれば掃除し損ねた髪の毛もシャワーで流すだけで簡単に片付けられる。

ステップ3 バリカンで髪を断ち切る

ただ単に髪を切る(カットする)のではない、断ち切るのだ。
丸刈りにすることを断髪式と呼ぶのも、これに由来する。

ステップ4 様々な髪型を楽しむ

頭部の中央部分だけを縦に刈る落ち武者ヘアーや反対に中央だけ残すモヒカンパンク風ヘアーなど、普段は勇気がなくて出来なかったヘアースタイルを楽しもう。

IMG01566


今回、俺は右側だけ断ち切るライトハーフ(Rハーフ)にしてみた。
もちろん、左半分のレフトハーフ(Lハーフ)や落ち武者刈りなども経験済み。

ステップ5 丸刈りにする

独自のヘアースタイルを充分楽しんだ後は残る髪も全て断ち切り、丸刈りにする。
その際、襟足(後頭部と首の境目)だけは髪が長くなりがちなので、アタッチメントをはずして刈り取るか、あとでカミソリなどを使って短くするのが良い。

俺レベルのマルガリストになると襟足まで経験則でキレイに仕上げることができるが、慣れていない凡人は鏡を使ったり他人に仕上げをお願いするしかないだろう。

IMG01567


ステップ6 掃除&シャワー

用意しておいたビニール袋に刈り取った髪の毛をまとめ、シャワーを浴びる。 
頭や全身に付着した細かい髪の毛を洗い流すと同時に、刈り場に落ちた髪も洗い流すのだ。

IMG01564



なお、優秀なマルガリストはシャワー後に排水口も掃除する。髪の毛が詰まるのを、未然に防ぐのだ。
 


さいごに

丸刈りにすることは散髪代や散髪に行くための時間を節約することができるが、あまりにも日差しが強い時期に丸刈りにすると、外出時に日射病になる危険がある。
また、坊主頭に反射した日光にで通行人や道行く善良なドライバーの目を眩ます危険性もある。

この時期に坊主頭にする際はこれらの危険性を理解し、充分注意したうえで実行してもらいたい。