俺はマスコミが嫌いだ。
人の不幸な話や不快感を抱くようなことを”意図的に”ばら撒いているからだ。 

人の失敗や不幸な話ばかりを集めては自分にとって都合の良い形に改変して、事実と異なることを平然と周囲に言いふらす人間がいたら、誰もが嫌うんじゃないか?
俺はそういう輩が嫌いなので、必然的にマスコミ(報道関係)が嫌いなわけ。

その話はともかく、今日は神奈川県にマスゴミが大挙して押し寄せたみたいだ。
東海道新幹線先頭車両で乗客が焼身自殺した件が原因。 

焼身自殺ウンヌンは俺にとってどうでもいい話しで興味がないのだが、お昼頃のニュース番組が軒並み本件の報道に当てられたのがいただけない。

NHKなんかは3時間くらい同じ映像をリピートしまくり、乗客と名乗る謎の人物と電話越しに対談(取材) する様子を流していた。
お前が電話してる姿なんぞ、俺は見たくねえ! 」とツッコんでしまったよ。
公共の電波を使って、視聴料を徴収しているクセにこの有り様なのだ。

テレビの時代は終わったのだ。
だが、いまだに存在するし大量のゴミ番組が放映されている。 


なぜなのか?



それは勿論、カネになるからだろうね。 

CMの広告料、芸能人の出演料、芸能プロダクションの営業…こういったところでお金が発生する仕組みがなくなるのが困るんだろう。
 
芸能人が他を圧倒するような能力(芸) で視聴者を魅了して、そこにお金の流れができるのは素晴らしいことだと思う。
だが、実際はダサいメガネの男が”自称事件現場にいる人” と電話している姿を見せられるのだ。

こんなものにお金を遣うのはモッタイナイなあ〜と思う一日だった。 


ちなみにテレビなんかイラネ(笑)
みたいに言っている俺は今日のお昼はテレ東の海外映画(ミッシングID)を見とった。 

ミッシングID コレクターズ・エディション [Blu-ray]
テイラー・ロートナー
Happinet(SB)(D)
2012-11-02



久々にリアルタイムでテレビをみたのだが、番組時間の半分をCMが占めており、常に画面の端っこにテレ東の広告が挿入されていていたので、見辛くて仕方なかった。

主人公を追跡中してコッソリ遠くから見ている悪役の顔が、ちょうどテレ東の広告に重なって
「え?コレ何のシーン??」 
みたいになってイライラしちゃったよ。

無料で見せてもらってるから文句を言いたくはないんだけどね…